俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

芭蕉百句 100 haikus of Basho

芭蕉百句の評釈と英訳 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto  © 2021 Takatoshi Goto

庭はきて雪をわするゝはゝきかな

にわはきてゆきをわするるははきかな

 

 元禄5年(1691)の作か。『蕉影餘韻』「寒山画讃」(芭蕉真蹟)に、箒を持った寒山の後ろ姿と共に、掲句が添えられている。

 掲句には、庭の雪を掃きながらも、雪を忘れている寒山の融通無碍なる閑身自在心が詠まれている。もっとも、実際の雪は掃かれているのだが、その刹那に忘れられているのは「雪」という、記号としての言葉である。それに付随する様々な固定観念を掃き捨てるのが寒山の帚である。そうして初めて、天然造化の雪は物自体へと還元され「物の見えたる光」として、その本性を現す。それは恍惚の瞬間であり、まさに禅機とも言えよう。

 

季語 : 雪(冬) 出典 : 『篇突』(『蕉影餘韻』)

 

Sweeping the garden
the snow fades into oblivion
with a broom

 

f:id:basho100:20210420121825j:plain

芭蕉寒山画讃 『蕉影餘韻』