俳句・短歌ランキング

芭蕉百句 100 haikus of Basho

五島高資による芭蕉百句の評釈と英訳(漸次更新中) 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto

はつ穐や海も青田の一みどり

はつあきやうみもあをたのひとみどり

 

 貞享5年(1688)初秋の作。前書に「鳴海眺望」とある。鳴海は東海道五十三次四〇番目の宿場であったが、現在では埋め立てにより、歌枕の鳴海潟は消失し、海を見ることはできない。掲句は、当時、そこにあった児玉重辰亭で詠まれた発句であり、おそらくその席上から見える青田の先に海が見渡せたのであろう。遠く青田と海の接するあたりでは両者の色合いも近く、あたかも、海が青田の一部として同化しているように捉えたのが「一みどり」という措辞に表れている。

 ちなみに、「みどりの黒髪」「みどり児」などの言葉があるように、本来、「みどり」とは、「緑」や「青」という色彩ではなく「瑞々しさ」を示すものであった。つまり、瑞穂や海鮮にも通じる「瑞々しさ」も掲句の「一みどり」に込められているように感じられる。また、「鳴海」は「成る身」と掛詞にもなることから、「海」も「青田」の「みどり」に包摂されて一つに成ると敷衍されるかもしれない。さらには、縄文稲作の可能性はさておき、弥生時代における大陸から海を渡って伝わった稲作文化や日本の美称である瑞穂国のことなども脳裡を過ぎる。季重なりではあるが、爽やかな風が陸海を瑞々しく吹き渡る光景が思い浮かばれて「はつ穐」すなわち「初秋」がうまく活きている。

 

季語 : はつ穐(秋) 出典 : 『千鳥掛』

 

Early autumn —
the sea is unified into green
of rice fields

 

f:id:basho100:20210226153903j:plain

青田

おもしろうてやがてかなしき鵜舟哉

おもしろうてやがてかなしきうぶねかな

 

 貞享5年(1688)、岐阜長良川で鵜飼を見ての作。『笈日記』には「稲葉山の木かげに席をまうけ盃をあげて」とあり、芭蕉は闇夜に篝火が灯る鵜舟を河畔から眺めた。初めは、その珍しい漁に興味が湧いて酒も進むが、やがて漁が終わり篝火も消えて舟も去り、もとの暗い静寂に包まれる。古来からの漁法とはいえ、捕らえられる魚はもちろん、「疲れ鵜」という傍題季語があるように鵜にとっても難儀なことであろう。そう考えると、「面白さ」から「悲しさ」へと変わる心境に人生の辛さや儚さも重なってくる。もっとも、芭蕉には謡曲『鵜飼』における仏教的無常観が掲句の下地にあったことは多く指摘されているところである。

 余談になるが、『グレン・グールド バッハ没後250年記念 総特集』(『文藝別冊』KAWADE夢ムック)において、グレン・グールドの特集が組まれていた。彼がよく朗読していたという夏目漱石の『草枕』が、死後、ベッドの脇から聖書とともに見つかったことや、俳句や禅といった日本文化にも親しんでいたらしいことが書かれてあった。また、「グレン・グールド変奏曲」というインタヴュー記事のなかで、武久源造氏は、グールドの音楽を「最も冷たい温度で燃える火」といい、横田庄一郎氏は、グールドのデビュー盤から聴いてきて思い浮かべるものとして、掲句を挙げ、あらゆる芸術に通じる真髄をよく言い表していると述べていた。

 武久氏がいう蛍の光にも似た「冷光」も、そして闇夜に浮かぶ鵜舟の「篝火」もまた畢竟、タナトスの彼方なる「死」という暗闇に浮かんでは消え入りそうな「実存」という「光」に収斂されるのではないだろうか。芭蕉が喝破した「物の見えたる光いまだ心に消えざる中にいひとむべし」(『三冊子』)とは、まさに「さび」の極限において、言葉を以て言葉を超える芸術的昇華に迫る瞬間の大事を言っているのだと思う。

 

季語 : 鵜舟(夏) 出典 : 『曠野』(『泊船集』『青莚』)

 

After exciting
a sadness sank deeply into my mind
as cormorant boats passed

 

f:id:basho100:20210225124326j:plain

鵜舟の篝火

此あたり目に見ゆるものは皆涼し

このあたりめにみゆるものはみなすずし

 

 貞享5年(1688)5月、美濃長良川河畔での作。『笈日記』には、この前文として「十八楼ノ記」と題した次のような記載がある。

 

 みのゝ国ながら川に望て水楼あり。あるじを賀嶋氏といふ。いなば山後にたかく、乱山兩に重なりて、ちかゝらず遠からず。(中略)暮がたき夏の日もわするゝ計(ばかり)、入日の影も月にかはりて、波にむすぼるゝかゞり火の影もやゝちかく、高欄のもとに鵜飼するなど、誠にめざましき見もの也けらし。かの瀟湘の八つのながめ、西湖の十のさかひも、涼風一味のうちに思ひためたり。若此楼に名をいはむとならば、十八楼ともいはまほしや。

 

 つまり、『笈の小文』の旅からの帰りに立ち寄った美濃の長良川河畔にある賀嶋善右衛門(鷗歩)の水楼に招かれたことが分かる。そこは後ろには稲葉山が聳え、高く低く山々が重なり妙境を呈しており、長い夏の日も忘れてしまうほどであったが、日も落ち月が出て、波間に照る篝火の光もほど近く、高階の眼下に鵜飼の様子など、とても素晴らしい景色である。およそ、瀟湘(洞庭湖に瀟水と湘江が合流するあたりの景勝地)八景や西湖十景の風趣もこの「涼風一味」に収まるほどであり、この水楼を名付ければ「十八楼」と言いたいものであると述べられている。

 この水楼は、老舗旅館「十八楼」として長良川河畔に現在も存続しており、客室から鵜飼を眺めることはもちろん、その階下より鵜舟に乗ることもできる。また、その庭には掲句が刻まれた江戸時代からの石碑も残っている。この旅館のある川原町界隈には往時の屋並が再現されており、芭蕉の句が書かれた「岐阜うちわ」を製造販売している店なども軒を連ねている。織田信長が築いた岐阜城を頂く金華山が背後に聳える長良川河畔はまさに納涼の地に相応しく、いちいち景物を取り上げるまでもなく、却って掲句の涼しさが伝わってくる。もっとも、宵闇が深まればまさに目に見えるものは町の灯や鵜飼の篝火に収斂されていく。昼間の景勝を回想しながらも、暑かった日中の煩わしさから解放されて余計なものが見えなくなる夜景にこそ芭蕉は「涼」を感じ取ったのであろう。

 余談であるが、かつて、栃木県佐野市の出流原弁天池を訪れた際にも掲句が刻まれた句碑を見つけたことがある。そこは環境省によって名水百選に指定されているだけあって池の底まで透き通るくらい清らかな水が湛えられている。直ぐ近くの丘に建つ磯山弁財天の楼閣からは関東平野が凪いだ海のように眺められる。ちょうど代田の時季は眼下の小山や丘が島のように見える。ちなみに磯山弁財天には夏でも涼しい風を吹き出す風穴もある。また、「陸の松島」と言われる眺望で知られる太平山もほど近い。おそらく、このような清々しい風趣に触発された地元の有志による芭蕉句碑の建立と思われる。

 

季語 : 涼し(夏) 出典 : 『笈日記』(『けふの昔』『風俗文選』『曠野後集』)

 

Around here
all visible things are cool
in the twilight

 

f:id:basho100:20210224161928j:plain

十八楼・岐阜城長良川夜景

蛸壺やはかなき夢を夏の月

たこつぼやはかなきゆめをなつのつき

 

 貞享5年(1688)4月、明石での作。蛸壺は、蛸を捕らえるための素焼の壺で、浮標をつけて海に沈めて、そこに入った蛸を引き揚げる。潮目が変わる際に天敵から身を守るために蛸が穴に隠れ潜む習性を利用したもので、多くは夜に仕掛けて朝に引き上げて蛸を捕らえる。

 蛸は明石の名産であり、海岸には蛸壺が多く見られたのであろう。そして、今まさに海底で蛸壺に入った蛸に思いを寄せれば、その一夜かぎりの命はもちろん、芭蕉自らも含めた有情の一生は、下天のうちを比べれば夢幻のようなものであることが今さらながら思い知られる。折しも、暑苦しい浮世にあって一服の涼をもたらす夏の月が、真如の月として衆生を済度する一縷の望みとして空に皎々と輝きながら海を照らしている。

 

季語 : 夏の月(夏) 出典 : 『笈の小文』(『猿蓑』)

 

Octopus pots —
a summer moon is shining dreams
of all living things

 

f:id:basho100:20210223152229j:plain

月夜の海

若葉して御めの雫ぬぐはゞや

わかばしておんめのしづくぬぐはばや

 

 貞享5年(1688)4月、奈良での作。『笈の小文』の前書に「招提寺鑑眞和尚来朝の時、船中七十余度の難をしのぎたまひ、御目のうち塩風吹入て、終に御目盲させ給ふ尊像を拝して」とある。また「灌仏の日(旧暦4月8日)は奈良にて爰かしこ詣侍る」とあるので、和歌浦から奈良に着いた頃には季節はすでに夏となっていた。

 唐招提寺南都六宗の一つである律宗の総本山で、天平宝字3年(759)、鑑眞和上の私寺として創建された古刹である。鑑眞は、聖武天皇の招聘を受け、度重なる様々な艱難を乗り越えた末に、伝戒師として唐から来朝した高僧である。芭蕉は船中七十余度の難と記しているが、実際には五回の渡航に失敗している。しかも、それ以前に国禁を犯しての出国がゆえに様々な迫害も受けてもいた。果たして、六回目の渡航にてようやく日本に辿り着くも目を患い終に失明してしまったのである。

 芭蕉唐招提寺を詣でたのは若葉が茂る季節であり、初夏の七堂伽藍を彩っていたことであろう。しかし、鑑眞はこうした日本の美しい景色を見ることなく遷化し、いま坐像として祀られている。その軽く閉じられた瞼に、見えるはずもない泪を芭蕉は感じ取ったのであろう。それは鑑眞の艱難はもちろん、彼が感じ取ったで日本そのものを映し出す鏡とも取れるだろう。柔らかい若葉でその泪を拭って差し上げたいという芭蕉の深い思い遣りが伝わってくる。視覚による知覚は、往々にして、物を分別し観念化することによって、物の本質(物の微)を却って見えなくさせる。鑑眞は多くの薬を匂いで嗅ぎ分けることができたと言われているが、盲目なるがゆえに視覚以外の感覚が研ぎ澄まされていたのかもしれない。このことは詩的創造においても大きな意義を持つ。蕉風俳諧で最も大切な「ものの見えたる光」とは、視覚や観念によって分別されものではなく、むしろ、不分別つまり差別のない直感的に捉えられる物の本質と言って良い。そういう意味でも、盲目でありながら卓越した直感力を備えた鑑眞和上によせる芭蕉の共感は大きいものがあったと思われる。

 余談ではあるが、平成17年(2005)に東京国立博物館で開催された「金堂平成大修理記念 唐招提寺展-国宝鑑真和上像と盧舎那仏-」に献句(高橋睦郎選)として拙句も展示された際、ちょうどそこで国宝・鑑眞和上像を間近く拝見する機会を得たが、なぜかその前で思わず泪が溢れ出てきたことを今でもよく憶えている。

 

季語 : 若葉(夏) 出典 : 『笈の小文

 

With fresh leaves
I'd like to wipe the tears
from your eyes

 

f:id:basho100:20210222132541j:plain

芭蕉句碑・唐招提寺

行春にわかの浦にて追付たり

ゆくはるにわかのうらにておいついたり

 

 貞享5年(1688)の作。『笈の小文』旅にて、吉野、高野山と山路を経て、ようやく3月末に和歌浦に着いた際に詠まれたもの。紀伊山地ですでに春を見送ったと思ったが、大海に開けた和歌浦における暮春の佳景に巡り会った喜びが「追付たり」にうまく表現されている。

 和歌浦は、古くから景勝の地であり「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして 鶴(たづ)鳴きわたる」(『万葉集』919)と山部赤人が詠んで以来、歌枕の地として広く知れ渡ることとなる。ちなみに、近くに鎮座する玉津島神社は、住吉大社柿本神社と並んで「和歌三神」を祀る社として崇敬されている。もっと、和歌浦はかつて「若の浦」と呼ばれており、近くにある蓬莱岩は、秦の始皇帝の命で不老不死の妙薬を求めて徐福が辿り着いたという伝説も残っており、現在でも「若返り」のパワースポットとして訪れる人も多いという。

 まさに時を忘れさせるほど美しい和歌浦の風致は、佐保姫もしばし足を止めるような魅力があるのだろう。掲句においても、「春」という時候があたかも旅人のように捉えられているところに「天人合一」の詩境が感じられる。それは、その後の『奥の細道』冒頭における「月日は百代の過客にして」という蕉風俳諧の宇宙観へと連なるのである。

 ところで、伊藤博之は『西行芭蕉詩学』において、芭蕉が、古今集以来、言葉につきまとう慣習化されたコンテキストを断ち切る表現法を西行の歌から学び取って、「切れ」の詩法を確立したと指摘している。惟みれば『笈の小文』の旅は西行の足跡を追っているのは確かである。西行ともゆかりの深い和歌の聖地でもある和歌浦において、芭蕉が追い付いたのは西行であり、それは俳諧に芸術的昇華をもたらす「切れ」の詩法に手応えを確認したことと重なるのではないだろうか。『笈の小文』において掲句に続いて、「跪(踵の誤記か)はやぶれて西行にひとしく、天龍の渡しをおもひ」と記されている所以でもある。そう考えると『奥の細道』の旅は、西行の詩法を俳諧に受け継いでさらに発展させようとする芭蕉の挑戦とも位置づけらると言えよう。

 

季語 : 行春(春) 出典 : 『笈の小文

 

Spring is passing
I have caught up with her
at the cove of Waka 

Waka(=Tanka) means a traditional Japanese poetry (thirty-one syllables,written in a 5-7-5-7-7 meter) or "youth".

 

f:id:basho100:20210221210007j:plain

和歌浦

父母のしきりに恋し雉子の声

ちちははのしきりにこひしきじのこゑ

 

 貞享5年(1688)春、高野山での作。長くなるが、『枇杷園随筆』に記された掲句の前文を次に示す。

 

 高野のおくにのぼれば、霊場さかんにして法の燈消る時なく、坊舍地をしめ仏閣甍をならべ、一印頓成の春の花は、寂寞の霞の空に匂ひておぼえ、猿の声、鳥の啼にも腸を破るばかりにて、御庿を心しづかにをがみ、骨堂のあたりに彳(たゝずみ)て、倩(つらつら)おもふやうあり。此処はおほくの人のかたみの集れる所にして、わが先祖の鬂髪をはじめ、したしきなつかしきかぎりの白骨も、此内にこそおもひこめつれと、袂もせきあへず、そゞろにこぼるゝ涙をとゞめて、

 

 顧みれば、5年前に母を亡くし、この年には亡父の三十三回忌追善法要を修した直後であり、高野山は、父母の遺髪のみならず、亡き主君・藤堂良忠(蟬吟)の遺骨を納めに参上した聖地である。寺院仏閣や墓碑が建ち並ぶ霊場は古い木々に囲まれながら静寂に包まれている。まず奥の院弘法大師を拝し、主君や先祖の菩提を弔えば、どこからともなく雉子の声が聞こえてくる。それに感応して、儚きこの世に涙を禁じ得ない芭蕉のさびしさが伝わってくる。

 行基が詠んだ「山鳥のほろほろと鳴く声聞けば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ」(『玉葉集』)が掲句の本歌と思われるが、親子の情が厚いとされる雉の声を霊山で聞けば、故人への思慕もいっそう深まる。

 

季語 : 雉子(春) 出典 : 『曠野』(『笈の小文』『泊船集』)

 

Voices of the pheasant
deeply cherish the memory
of deceased parents

 

f:id:basho100:20210220120251j:plain

芭蕉句碑・高野山

しばらくは花の上なる月夜かな

しばらくははなのうえなるつきよかな

 

 貞享5年(1688)、吉野での作とされている。(『蕉翁句集』)咲き誇る桜の上に、朧に花を照らす春の月が輝いている。そして、やがて月は西に傾いて、この花月の照応による佳景も消え去ることが「しばらく」という措辞から覗われる。儚いから風雅も極まるのであり、このことは生生流転における「さび」の美意識に繋がっている。もっとも、「しばらく」は月の運行や花の時期のみならず、月へと羽化登仙するかのような芭蕉の心境にもかかっているのではないだろうか。このことは、まさに芭蕉が喝破した「発句の事は行きて帰る心の味ひなり」ということと深く関わっていると思われる。

 余談であるが、以前、古代製鉄の研究のため、日本刀の源流の一つとして知られる舞草刀や舞草鍛冶にゆかりのある儛草神社を訪ねたことがある。神社は観音山の頂上付近にあり、険しい山道を登らなければならないが、その近くの大部ケ岩から眼下に望める北上川、その対岸には奥州藤原氏の居館や金色堂のある平泉、河畔に広がる平野とその背後には奥羽山脈が連なっており絶景であった。また、境内にほど近い白山岳では、舞草鍛冶遺跡や鉄鉱石採掘場跡も見学できてとても参考になった。さて、そろそろ下山しようとしていた時に、ふと境内に椿の群落を見付けた。まだ、少しだけ花も咲いていて、こんな寒冷の地でも立派に生長している椿に感嘆していたら、何と椿の木の下に石碑を見付けた。かなり古いもので風化によって容易に文字を読み取れなかったが、そのすぐ側に比較的新しい方柱が立っており、そこに「しばらくは花の上なる月夜かな 芭蕉」と記されていた。ふたたび、その石碑を確かめると、かろうじて文字を追うことができて掲句が刻まれた句碑と分かった。『奥の細道』の旅で芭蕉が平泉に立ち寄ったこが、おそらく、ここへは訪れていないから、心ある地元の方々が建立したのであろう。平泉を見渡せる頂に遙かなる時空を超えて今日まで掲句を受け継いできた「みちのく」の人情や風土に深く心を打たれた次第である。

 

季語 : 花(春) 出典 : 『初蟬』(『喪の名残』『泊船集』)

 

For a while
the moon is shining brightly
above cherry blossoms

 

f:id:basho100:20210219125241j:plain

桜月夜

ほろほろと山吹ちるか滝の音

ほろほろとやまぶきちるかたきのをと

 

 貞享5年(1688)の作。『笈の小文』では「西河(にしかう)」と前書がある。そこは、音無川が吉野川に合流するあたりの地域であり、「滝」は、川の激流や早瀬も指すことから、そのいずれかの河畔で詠まれたものと思われる。『笈の小文』では、掲句の直後に、「蜻蛉が滝」という前書らしき記述があるが、発句は見当たらず、「布留の滝は布留の宮(石上神宮)より二十五丁の奥也 布引の滝 箕面の滝勝尾寺へ越る道に有」という文章が続いている。従って、『笈の小文』は未定稿である可能性も指摘されている。

 『日本古典文学大系-芭蕉句集』では、吉野川の激流となって岩の間を滾り落ちる瀬音につれて山吹の花が風もなく散りこぼれる様を詠んだものと解釈されている。これに対して、山本健吉は『芭蕉全発句』において、掲句は、音無川の上流にある蜻蛉の滝で詠まれたとしている。たしかに芭蕉の真蹟が添えられた森川許六の画には、崖の上から落ちる滝と山吹が描かれており、山本説に矛盾しないように思われる。しかし、この画賛は、かなり後年である元禄5年(1692)あたりの制作であり、しかも、許六は掲句の詠まれた場所には同行しておらず、実際の光景とは異なる創作の可能性を否定できない。

 ちなみに、吉野川で「岸の山吹」を詠むことは、和歌の世界では古くから慣用的に為されてきたことであり、たとえば、紀貫之の「吉野川岸の山吹ふくかぜに底の影さへうつろひにけり」などがその代表的な歌である。『真蹟自画賛』には「岸の山吹とよみけむ」と記されており、やはり、吉野川の滝つ瀬で詠まれたものと思われる。

 いずれにしても、「ほろほろ」という擬態語によって、あたかも滝の音に感応するかのように散る山吹に命の儚さまでもがしみじみと伝わってくる。風を待たずして散る山吹に芭蕉は自らを同化させて無常迅速を感じ取っているかのようである。「散るか」とは詠嘆であると共に、山吹はもちろん自らへの問いかけとも取れる。ここで、まさに「花に問へば花かたることあり。」(『或時集』)あるいは、「松のことは松に習へ、竹のことは竹に習へ。」(『三冊子』)という芭蕉の言葉を思い出すが、さらには、自らが対象物と同化することによる「主客一如」という至境もそこに覗われる。また、猛々しい激流に吞み込まれる可憐な山吹の花に「しおり」や「細み」といった蕉風俳諧の要素を感じ取ることもできよう。

 

季語 : 山吹(春) 出典 : 『笈の小文』(『曠野』『泊船集』)

 

Sound of the torrent —
the kerria blossoms are falling
softly and gently

 

f:id:basho100:20210218143208j:plain

山吹

雲雀より空にやすらふ峠哉

ひばりよりそらにやすらふたうげかな

 

 貞享5年(1688)、『笈の小文』の旅での作。同年2月、伊賀上野で父の三十三回忌法要を済ませた芭蕉は、3月19日、伊勢で再会した杜国を伴い、吉野を経て、父母の菩提を弔うために高野山へ向かった。「臍峠 多武峰ヨリ龍門ヘ越道也」の前書があり、談山神社のある多武峰桜井市)から龍門(吉野郡吉野町)へ抜ける険峻な山道にある細峠(臍峠)で詠まれたと考えられ、同所に掲句が刻まれた芭蕉の句碑がある。ちなみに当時からこの峠は細峠と呼ばれていたことから、「臍峠」とはその別称か、あるいは芭蕉の誤記もしくは改作した表記かもしれない。亡き母の菩提がある高野山芭蕉の生地である伊賀上野を結ぶほぼ中間地点にある所から「細」と音韻的類似性のある「臍」と記したのかもしれない。

 ところで、細峠は標高730メートルにあり、南には眼下に津風呂湖を望み、その背後には「大和アルプス」とも呼ばれる大峰山脈が連なる雄大な景観が広がっている。世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素である金峯山寺や桜で有名な吉野山もその北端に位置している。芭蕉が訪れた頃には、この峠を利用する旅人も多かったことから、峠の茶屋もあったかもしれない。いずれにしても、高い峠から俯瞰する絶景は登山の疲れを癒してくれる。普段は野原などで聞くことの多い雲雀の声もここでは下の方から聞こえてくる。ちなみに『曠野』などには中七が「上にやすらふ」となっており、意味は分かるが、句としては平凡となってしまう。やはり「上」ではなく「空」の方が句の奥行きを広げて断然良い。

 雲雀の別名である告天子とは天帝の住む雲の上へと高く翔るところに由来するが、その雲雀よりも上空にある峠にあって、芭蕉は、上下、生死、有無など二項対立的観念を超克する「空(くう)」を強く意識して掲句に帰結したのではないだろうか。それは、その後に訪れる高野山における真言密教における「空」とも重なる。そもそも「峠」という表記も上下が極まる山の地点として会意された国字である。そうした特殊で複雑な詩想をたった十七文字の発句に込めながら、あくまでも実体験に根ざした場景として詠んだ芭蕉の力量に今さらながら感服する。

 余談ではあるが、掲句は、M・ハイデガーが最も好んだ芭蕉の句の一つとして知られている。ハイデガーは「芸術の対象は美ではなく真理であって、芸術作品はその真理の自己措定である」と言ったが、なるほど美は醜に対する二項対立的観念に止まる限りにおいて芸術の最終目標たりえない。雲雀より高い空にある峠において、前述したように芭蕉が開示した二項対立的観念を超克する「空」の詩境こそハイデガーの言う「真理」に迫るトポスだったのではないだろうか。「臍峠」はまさに芸術的昇華への雲関だったのである。

 

季語 : 雲雀(春) 出典 : 『笈の小文』(『曠野』『卯辰集』『小文庫』)

 

At the Mountain pass
resting in the sky higher
than the larks

 

f:id:basho100:20210217141127j:plain

吉野