俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

芭蕉百句 100 haikus of Basho

芭蕉百句の評釈と英訳(漸次更新中) 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto

木啄も庵はやぶらず夏木立

きつつきもいほはやぶらずなつこだち

 

 元禄2年(1689)4月5日の作。芭蕉は、黒羽城から十二キロほど東にある臨済宗妙心寺派の東山雲巌寺を参詣した。雲巌寺は、大治年間(1126〜1131)叟元和尚の開基で、その後、弘安6年(1286)に仏国国師後嵯峨天皇第三皇子)が再興し、併せて、北条時宗の庇護もあり、千人余の雲水が修行する大寺院となり、筑前聖福寺、越前・永平寺紀伊興福寺と並ぶ日本四大禅宗道場の一つとして隆盛した名刹である。雲巌寺は後ろに八溝山が控え、前には武茂川が流れ、佳景寂寞とした境内には十景と呼ばれる景勝などもあり、禅宗道場として素晴らしい環境にある。現在でも仏道修行の法統が受け継がれており、先日、私が参詣した際も若い雲水の姿を見ることができた。

 さて、芭蕉が深川や鹿島で親交のあった仏頂和尚が参籠した草庵もここにあり、その跡を訪ねて、裏山をよじ登り岩窟の小庵に至る。仏頂が松の墨で書き付けたとされる「縦横の五尺にたらぬ草の庵むすぶもくやし雨なかりせば」という歌が深く芭蕉の心に刻まれていたのであろう。すでに二十数年前に仏頂は遷化しており、その草庵も荒廃していたが、芭蕉は「見しはききしに増さりて、あはれに心すむばかりなり」(『伝巴人伝来真蹟懐紙』)と述べてその時の感動を伝えている。掲句には、仏法の有り難さはもちろん、仏頂の人徳によって、木啄も草庵をついばむことを憚られたという意味合いも込められているのだろうが、つまりは自然に溶け込むような旧跡に触発されての吟だと思う。まさに夏木立が茂る清々しさや頼もしさも仏頂の人柄と重なり一句を引き締めている。

 

季語 : 夏木立(夏) 出典 : 『おくのほそ道』

 

Even woodpeckers
do not damage the hermit's cell
in summer trees

 

f:id:basho100:20210308103652j:plain

雲巌寺