俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

芭蕉百句 100 haikus of Basho

芭蕉百句の評釈と英訳 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto  © 2021 Takatoshi Goto

旅に病で夢は枯野をかけ廻る

たびにやんでゆめはかれのをかけめぐる

 

 元禄7年(1694)10月8日の作。『笈日記』には前書として「病中吟」とある。たしかに芭蕉が最後に詠んだものであり、辞世の句としてよく知られている。

 天野桃隣の『陸奥鵆』には、同年5月、江戸を発つ際、芭蕉が「此度は西国にわたり長崎にしばし足をとめて、唐土舟の往来を見つ、聞馴ぬ人の詞も聞ん」と願い、西国行脚の意向を持っていたことが記されている。そうすると、同年秋に大坂に芭蕉が訪れたのは、同地の門人同士の諍いを仲裁する目的もあったが、西国行脚の途次でもあったことになる。

 芭蕉は大坂に着いた頃に悪寒と頭痛を催し、いったん恢復するが、9月29日より下痢が続き容態が悪化し臥床する。10月5日には、手狭な槐本之道邸から花屋仁左衛門の離れ座敷に病床が移された。10月8日の夜更けに、芭蕉は之道の門弟・呑舟を召して墨を磨らせて、「病中吟」と題して掲句をしたためた。病が癒えれば西国へ向かうことを思っていたのであろう。もっとも、芭蕉の「平生則チ辞世なり」(いつ死ぬかも分からないのだから、普段においてただいま詠んだ句が辞世である)という覚悟に鑑みれば、結果的に、掲句が辞世の句となったと考えることもできる。

 もちろん、病状の重篤さから芭蕉が自らの死が近いことを感じ取っていたことは間違いない。『笈日記』には、芭蕉が生死の際でさえ発句を詠まんとする風雅の心を妄執として嘆じたことが記されている。しかし、『枯尾花』には、「妄執ながら、風雅の上に死なん身の道を切に思ふ」とも述べており、妄執と知りつつも芭蕉が最も愛着したのが「風雅の誠」であり、それとともに最期を迎えることは、もとより、彼の本望であった。

 いずれにしても、旅の途中で病を得て枯野のような生死の間にあって、芭蕉の魂が風雅を探求する夢と一体化し永遠に駆け巡っている光景が掲句には立ち現れてくる。しかも、「病(み)て」ではなく、「病(ん)で」としたところに、平生の口語調を大切にした「軽み」の精神も覗える。幾多の艱難を乗り越えて、漂泊に一生を送り、俳諧の道一筋に生きて、俳諧を芸術の域にまで高め、さらにそれさえも超えようとした飽くなき求道者・芭蕉の辞世として実に相応しい。西国行脚は夢に終わったが、芭蕉の詩魂は生死を超えて今もなお私たちの心を惹きつけて止まないものがある。

 

季語 : 枯野(冬) 出典 : 『笈日記』(『枯尾花』『芭蕉翁行状記』)

 

 

Composed while sick

 

Sick on the journey
my dreams are coming and going
around a desolate field

 

f:id:basho100:20210504140156j:plain

枯野