俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

芭蕉百句 100 haikus of Basho

芭蕉百句の評釈と英訳(漸次更新中) 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto

しばらくは滝にこもるや夏の初め

しばらくはたきにこもるやげのはじめ

 

 元禄2年(1689)4月2日の作。前文に「二十余町山を登つて滝有り。岩洞の頂より飛流して百尺、千岩の碧潭に落ちたり。岩窟に身をひそめ入りて、 滝の裏より見れば、裏見の滝と申し伝へはべるなり。」とある。この滝は大谷川の支流である荒沢川にあり、滝の裏側からも飛瀑を見ることができたために裏見滝(うらみたき)と名付けられた。華厳滝、霧降の滝と共に日光三名瀑の一つに数えられている。

 ところで、仏道修行である夏安居(げあんご)や夏籠(げごもり)は、略して夏(げ)という。芭蕉もこの滝の裏側の岩窟に籠もって滝を見ながら涼を取っているうちに、あたかも夏を修しているかのような心境となったのであろう。折しも、初夏ということもあり「夏の初め」と表現しているが、「初め」には、仏道修行ならぬ俳諧修行として、これから本格的な「みちのく」行脚に臨む芭蕉の気構えも感じられる。

 現在、滝の裏側へ行けないようだが、二十数年前に私が訪れた際は左側の山道から滝の裏側にある岩窟へ出ることができた。そこには不動明王が祀られており、眼前には滝が滾り落ちており、少しく夏籠の雰囲気を味わうことができたことを憶えている。

 

季語 : 夏 [げ](夏) 出典 : 『おくのほそ道』

 

For a while
confined myself behind the waterfall
as starting a Geango

 

geango : Buddhist ascetic discipline at the place to be able to protect itself from rain in summertime

 

f:id:basho100:20210305161814j:plain

裏見の滝