俳句・短歌ランキング
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

芭蕉百句 100 haikus of Basho

芭蕉百句の評釈と英訳 100 haikus of Basho selected and translated into English by Takatoshi Goto  © 2021 Takatoshi Goto

芭蕉野分して盥に雨を聞夜哉

ばせうのわきしてたらひにあめをきくよかな

 

 延宝9年(1681)秋、深川芭蕉庵での作。前書きに「茅舎ノ感」(『武蔵曲』)あるいは、「老杜茅舎破風の歌あり、坡翁ふたゝび此句を侘て屋漏の句作る。」(『禹柳伊勢紀行』)とある。

 芭蕉の草庵には、同年春に門人・李下から貰った芭蕉が植えてあった。野分の風雨によってその葉がはためく音や、雨漏りを受ける盥に発する滴りの音が聞こえてくる。杜甫や蘇東坡が詠んだ詩句(「牀牀屋漏りて乾ける処無し」「牀牀漏を避く幽人の屋」)に思いを馳せながら、独り寝をする「侘び」の詩境を詠んだ句。盥に受ける水滴の音に俳味と実感がよく伝わってくる。さらには、天地人の機微を詠み込んでいるところに「天人合一」や「造化随順」といった蕉風俳諧の要諦も覗われる。

 季語 : 野分(秋) 出典 : 『武蔵曲』(『泊船集』『芭蕉盥』)

 

Stormy autumn night —
the sounds of beating banana leaves
and leaking into a tub

 

f:id:basho100:20210126132959j:plain

関口芭蕉